ふーみんが選ぶイチ押しライトノベル -圧倒的な世界観「いつかの空、君との魔法」-

物語大好きふーみんです。

9月が始まったかと思えばいつの間にか10月に入り、気がつけば10月も残すところ1/3になっていました。
前回より少しばかり時間が空いてしまいましたが、お久しぶりです。

毎月ごとの新刊をその月中に記事にしたい、なんてことを思ってたり。
そのためにも読むペースを上げていかねば!

というわけで余談はここで終了。
今回は9月に発売したライトノベル新刊の中でも、私のイチ押しの作品をご紹介します☆


■ 第21回[春]スニーカー大賞《優秀賞》受賞作。
⇒いつかの空、君との魔法

著者:藤宮カズキ
イラスト:フライ

舞台となるアリステルは、雲に覆われて空を見ることができない。
たくさんの人を乗せた有翼鯨(ジャンボ)が、社会人の乗る鰭飛び(マンタ)が、空の交通網(スカイトラフィック)を行き交う世界。
それでいて登場する遠見鏡(オーロラビジョン)や通し手鏡(ワイズミラー)はテレビや携帯電話にも似た道具であり、
もしかすると地球のどこかに存在する世界では……なんて思わせてくれます。

そんなアリステルには「ヘクセ」と呼ばれる魔法遣いがいて、箒に乗ることで、空を支配する雲を唯一払える存在。
「高く飛べない」少年―-カリム・カンデラが、幼馴染だった「空でしか生きられない」少女--樫宮揺月との出逢いにより、物語は動き出す。

圧倒的な文章力で描かれる、恋と魔法の物語。
世界観は決して広くないですが、むしろ広くある必要がない。狭い世界で掘り下げていくからこそ、アリステルという世界にどんどん引きずり込まれていきます!


揺月もカリムも好きですが、特に私が好きなキャラクターはもう1人のヒロイン「レイシャ・クリエ」ですね!
カリムの通う学校の先輩。彼女もヘクセだからこそ、カリムの箒さばきに魅了された女の子。
カリムに対する思いが恋なのか憧れなのか、誰も教えてくれない答えに葛藤する姿は恋する乙女そのもの。
ついつい応援したくなる初々しさに惹かれます♪
果たして彼女の恋の行方はいかに……


視線を釘付けにし、思わず手にとってしまうほどに美しいイラストが飾る表紙が目印のこの作品。
ぜひ読んで見てください!!

スニーカー文庫作品

「駿河屋スタッフおすすめラノベ」の記事一覧はこちらから!
駿河屋スタッフおすすめラノベ

「物語大好きふーみん」の記事一覧はこちらから!
物語大好きふーみん

最近の投稿