ふーみんの非常食 その1(安心米・えいようかん)

物語大好きふーみんです。

非常食といえば真っ先に思いつくのは乾パンや氷砂糖のイメージでしたが、
調べてみると豊富な種類がありました。
今回は駿河屋でも取り扱っている非常食を実際に食べてみました!

安心米

全12種の安心米。
今回はその中から、山菜おこわ、五目ご飯、赤飯、きのこご飯の4つをチョイス!

注目ポイントはなんと言ってもお手軽さ。
開封しお湯を入れて15~20分待機。これだけで完成なんです!
お湯が手元にない場合はお水でも作ることが可能です。

これだけ簡単だと量が少なかったり・・・と思うかもしれませんが、お皿いっぱいありました。
目安としては冷凍食品のピラフなんかと同じくらいですね。

味は少し濃い目ですが、おこわや味付けご飯は元々の味が薄いためちょうどよく感じられました。
お湯やお水で作る分、食感はモチモチとしています。1食で350以上のカロリーも取れ、腹持ちもバッチリです!

私のオススメは「きのこご飯」です!
具のきのこもしっかり、味も薄すぎず濃すぎず、水分を補給することなくいっきに食べられました。

それぞれにちゃんと違った味があるので全12種類を食べ比べてみるのも面白いかもしれませんね。


えいようかん

あずきバーや中華まんで知られる井村屋から発売されています。
5本入りだけあって手に持ってみると、ずっしりとした重量感。
箱のままだと重たいと感じるかもしれませんが「えいようかん」の特徴はなんといってもワンハンドサイズ!
1本のサイズが10cmほどで、ちょっとした時間で食べられたり持ち運ぶのに便利だったりします。

味は一般的なようかんに比べやや甘さが濃い目ですが、しつこくなる前に食べきれます。
疲れたときや甘党の方には打って付けです。

1本で摂取できるエネルギーはなんと171kcal!これは「ご飯一杯分」のエネルギーと同じなんです。
5年6か月の長期保存が可能なので、おやつはもちろん非常食としても申し分ない商品です!

えいようかんの味のバリエーションはもう1種類!
チョコレート味なんてのもあるのでこちらも食べてみたいですね。
チョコえいようかん


災害の多い近年、備えあれば憂いなしです。
まだ保存食を準備していない方はこの機会に買ってみてはいかがでしょうか?
非常食の商品一覧