スタッフBのおすすめ同人ソフト「東方サッカー」

野球もサッカーも、観戦するのは大好きな駿河屋スタッフBです。

さて、有名なサッカーゲームといいますと
「ウイニングイレブン」「FIFA」「キャプテン翼」「イナズマイレブン」
などが挙がるかと思います。
前二者はアクション中心であり、後二者はSLG要素が豊富です。
今回は、後者に属する名作同人SLG「東方サッカー」を御紹介します。

東方サッカー

発売時期がイナズマイレブン以前であり、ゲーム内演出からも、
「キャプテン翼」のオマージュ作品という位置づけになるかと思います。

「東方サッカー」は、サークルはちみつくまさん作のスポーツSLGです。
題材はタイトル通りサッカー。
東方プロジェクトのキャラクターを用いて、
主人公達の友情と成長を語る物語となっています。
システムは、ほぼファミコン版「キャプテン翼」を踏襲しており、
いつでもプレイを中断し、戦略を練り直せるじっくりプレイ仕様。
ガッツという、RPGでいうMPを消費して放つ必殺技演出がとても美麗で、
どのようにドラマチックに試合を演出するか、考えるのも楽しみ方の一つでした。

本作には、このような趣旨のシナリオモードの他、
自チームをお好みのキャラクター達で編成し、
連戦の結果、最強のチームへと育てていく走破モードがあり、
最終的には、このモードで育てた個々のプレイヤーのチーム同士を
対戦させられるモードも実装されていて、正に至れり尽くせりの内容。
当時は、一定の制約下で編成したチームを集めた、
有志のリーグ・トーナメント戦企画が多く開催されたものです。

戦略の組み方は、各キャラクターの能力の他、
初期陣形やチームのシフト編成でも大きく左右されます。
上記要素がカチリと嵌ると、レベルが格下のチームでも、
スター選手ばかりを集めた格上チームを無失点で抑えることもでき、
上手くできているなと関心しました。

従業員Bお勧めのキャラクターはフランドール・スカーレット。
原作でいう、東邦のエースストライカー日向小次郎君を意識したキャラクターと思われるうえ、
東方自体の要素も組み込まれ、ドリブル速度が全キャラ中最速に近いうえ、
ふっとばし攻撃も得意であり、シュート力も高いという出鱈目な性能。
燃費が悪いのだけがたまにキズなので、
中盤を突破するプレイメーカー兼、切り札として使うと効率が良いかと。

本質が「キャプテン翼」のオマージュであるため、
原作を意識したネタが、随所に散りばめられていました。
石崎君の「顔面ブロック」、浦辺君の「なにぃ?!」、
若林君の「SGGK」などといった状況が、
東方キャラクター達で再現される度に、笑わされることしきり。

パロディ商品は基本、ネタでクスリと笑わされることが命なのですが、
本作は全く妥協の無い作りで、その完成度の高さに唖然とさせられたことを覚えています。
端から見たら、悪ふざけでしか無いのかもしれない。
それでも、製作者達の情熱でここまで出来るんだなと、
同人作品の見方を変える契機となった作品です。

本作「東方サッカー」。
初代をサークルはちみつくまさん、
2作目をサークル神奈川電子技術研究所が担当しています。
シナリオモードに繋がりがあること、2作目はシナリオによっては難度が高いことから、
1作目からのプレイがお勧めです。


ぜひ、手にとってお試しください。


サークルはちみつくまさん 関連作品

サークル神奈川電子技術研究所 関連作品