スタッフBのおすすめ同人ソフト 「スグリ」

同人ゲーム好きBの名作話 横スクロールSTG「スグリ」のコーナーです。

ヽ(・∀・)人(・∀・)ノ<STG好きよ、来たれ

うちのSTGの大御所と言えばS君なのですが、
実は同人ソフト業界でも当時大いに話題となった名作STGがありました。

え、東方シリーズだろって?
今もなお人気絶大過ぎる博霊の巫女はNGだ('A`)

同人ゲームサークル橙汁(だいだいじる?)さんのハイスピードシューティング「スグリ」。
東方シリーズでは当然のように使われていましたが、自機が戦闘機ではなく、
空を飛ぶヒト型というのは、当時そう数多く存在してはいませんでした。
また、それが縦スクロールではなく、横スクロールというのも珍しかったし、
自機である「スグリ」という名の少女が、萌えキャラというよりも、
ゆるキャラっぽくもあったため、話題の広まり方も早かったと記憶しています。

ファミコン往年の名作「セプテントリオン」もかくやというべき、
「傾き」を利用した演出が豊富で、横スクロールの利点が如何なく発揮されていました。
また、ハイスピードシューティングの代名詞は伊達ではなく、
コナミのSTGによく見られるような等速に依存しない速度変化演出も相俟って、
STGのみならず、レースゲーム的性格も備えていたのでした。

既に世界が崩壊し、人類がいなくなってしまった世界で、
惑星環境の再生のために、働く主人公「スグリ」。
その世界観から、背景の多くが、倒壊した機械文明の名残と、
力強く生きている自然が絡まった光景で構成されており、
BGMとCGでも好評を博した本作は、後に海外版も公開されています。

そんな、美麗ながらも、孤独な寂しさを内包したゲームであったため、
最終演出には、ほっこりさせられました。

スピンオフに、本作主人公「スグリ」の同形機体「ソラ」を主人公とする、
彼女の名を冠した作品も公開されています。

ハイスピードシューティング「スグリ」。
STG好きなら、ぜひ一度お試し頂きたい一品です。


サークル橙汁 関連作品