ジュリアナの祟りインタビュー | ピックアップアーティスト |通販ショップの駿河屋

アイドルインタビュー

  • メンバー集合写真1
  • メンバー集合写真2
  • メンバー集合写真3
  • メンバー集合写真4

ゲーム、古本、DVD…「お探しのモノなら何でも見つかる」ネット通販の駿河屋が、アパレル、劇団、スポーツイベントに音楽イベントと様々な分野で「楽しいこと」「面白いこと」をテーマに手掛けまくってる「CORAZÓN」(コラソン)とタッグを組み、新プロジェクトを始めることになった。
その名も「駿河屋マンスリーピックアップアーティスト」。
第2回となる今回のゲストに選ばれたのは、現代版ジュリアナ東京をコンセプトとした、トランスロックポップバンド「ジュリアナの祟り」の5人だ。
日本にもう一度バブルを呼び起こすべく東京を中心に活動中の彼らに、熱い思いを語ってもらった!

インタビュー: 植田朝日(コラソン) 撮影:ヤナガワゴーッ!

ビートたけし命名!
異色ロックバンド「ジュリアナの祟り」

駿河屋にジュリアナの祟り

朝日「どーも、司会の植田朝日です。と言うことで、今回は5月の駿河屋マンスリーピックアップアーティストに選ばれた『ジュリアナの祟り』さんに来ていただきました。はじめまして」

一同  「はじめまして!」

朝日「てか、全然はじめてじゃね~な!てか、俺は知ってても知らない人の方が多いから自己紹介をどうぞ!

江夏  「では、ボーカルから!」

蕪木  「ボーカルの蕪木蓮(かぶらぎ れん)です。よろしくお願いします」

江夏  「リーダーとドラム、作詞、作曲担当、江夏亜祐(えなつ あゆ)です。よろしくお願いします」

ネル  「パフォーマーとMC担当の佐川“ネル”秋吉(さがわ ねる あききち)です。お願いしま~す」

朝日「お前、今、睨んだろ?」

ネル  「睨んでないですよ。こういう目なんです。」

朝日「なら、しょうがね?な。今回は特別許してやる。では、続いて。」

矢島  「ベース担当 銀太郎(やじま ぎんたろう)です。よろしくお願いしま~す。」

ダンク  「パフォーマーの翌檜“ダンク”冬雪(あすなろ だんく ふゆゆき)です。

朝日「はい、と言う5人でやってる訳ですが、俺の知ってる情報としてはビートたけしさん命名と言う事で・・・、ビートたけし信者の俺として見逃せなかったんだよね。」

一同   「ありがとうございます。」

朝日 「でどう言う流れで名前つけてもらったの??」

江夏  「たけしさんの番組でつけていただく事になったんですけど・・・」

朝日「えっ、何て言う番組?」

江夏  「BSフジの『たけしの等々力ベース』って言う番組のなかの「ネーミング道」ってコーナーがあったんですね。その企画で・・・」

朝日「どんな企画だったの!?」

江夏  「たけしさんって軍団の人の名前だったりネーミングを付けるプロじゃないですか、そのたけしさんが名前を付けてくれるって企画で・・・」

朝日「そんなのだいたいわかるよ。だから、どうしてお前達が選ばれたのって話?」

ネル  「売れてないバンドとかAV女優とかプロレスラーが出てて・・・」

朝日「売れてないやつ限定だ!?」

一同  「はい!」

朝日 「元々はなんて名前だったの?」

江夏  「アヤトラウルフライエスターズ」

朝日 「はっ? アヤトラ?ウルフ?・・・なに?」

ネル  「もう分かんないかい!」

朝日「それは変えて正解だわ!で、ちゃんと売れてなかったの??」

江夏  「はい、バッチリ売れてなくて!」

ネル  「しっかり売れてなかったっす!」

江夏  「同じことやってるのにガッチリ売れてなくて、本当に。」

朝日「で、名前変えて少しは売れたの?」

江夏  「売れたと言うか注目させてきました。」

朝日「ビートたけし効果だね!」

ダンク  「そうなんですよ。ビラ巻きしてる時とかに『テレビ見たよ?』とか反応があって。」

朝日「そりゃそうだろ!でも逆に改名するにあたってビビリとか心配はなかったの?」

江夏  「そりゃありましたよ。キン○マバンドとかになったらどうしようとか!?」

ネル  「どっちかって言ったらそうなるんだろうな!って気持ちの方が強かったです。」

朝日「玉袋筋太郎みたいな!?」

ネル  「そうです。そうです。」

朝日「じゃあ、変な名前になるって覚悟と夢とどっちが大きかったの?」

蕪木  「夢の方が大きかったです。」

朝日「潮吹き万太郎の可能性もあったわけだからね。」

一同  (爆笑)

駿河屋にジュリアナの祟り

ネル  「本当ですよ。可能性としてはあった訳ですからね。覚悟してましたもん。」

江夏  「8割9割そう言う覚悟でいたから・・・」

ネル  「かっこよくないですか!? ジュリアナの祟りって!」

江夏  「いまどきって言うか!」

朝日「じゃあ大成功だったんだ!」

一同  「はい!」

朝日「てか、そう考えると、ある意味、お前ら『たけし軍団』じゃん」

一同  「いや、いや」

朝日「だって、小室さんと一緒に曲作ると『小室ファミリー』なんだぜ! だったら、お前らだって『たけし軍団』じゃん。」

一同  「まあまあまあ」

朝日「だったら、お前たち『たけし軍団』に例えるとそれぞれ誰なの?」

ネル  「一人は間違いないですね。グレート義太夫ですね。」

矢島  「ま?」

朝日「初めて喋った!」

江夏  「俺は・・・タカさんか東さん。」

一同  「あ?」

蕪木  「私、たけしさん。」

ネル  「いや、いや」

蕪木  「え??」

江夏  「誰も納得してない」

ネル  「じゃあ、僕がタカさん戴いていいですか?」

ダンク  「戴いていいとかそういうんじゃないだろ。」

ネル  「いや、タカさんで良いでしょ?」

ダンク  「じゃあ、俺、ダンカンさんすか?」

一同  「あ??」

朝日「なんか雰囲気ある!」

江夏  「渋い、渋い。」

朝日「やっぱ、ビートたけしをキーワードにするの強いな?!」

ネル  「そうっすね?。」

朝日「なんかライブ企画もアレなんでしょ?」

江夏  「そうなんですよ。今回の企画は「風雲たけし城」をパロらしてもらって「風雲バブル城」ってやってるんですよ。」

朝日「大事だよ! どうせだったら「バブルのスポーツ大将」とかもやっちゃえよ。」

ネル  「全部やっちゃいますか!」

朝日「で、目立っちゃって注意されたら勝ちじゃん!」

江夏  「売れてるってことですもんね!」

ネル  「注意されて?!」

朝日「そんなちっちゃなことで怒る人でもないだろうし、ガンガンたけしさんの名前を使わせてもらった方がいいよ。」

江夏  「ですね。」

朝日「とりあえず、熱湯CMやっとけよ。」

ネル  「ですね。」

トランスロックポップバンドでバブリー革命を巻き起こせ!

朝日「てかさ、たけしさんの話しかしてないから、そろそろお前たちのこと聞くか?」

江夏  「よろしくお願いします。」

朝日「そもそも、どんな音楽やってるの?」

江夏  「ジャンル的にはトランスロックポップバンドっていうジャンルなんです。」

朝日「うん?なに?トランスボップ?」

江夏  「トランスポップロックバンド。Jポップってあるじゃないですか。それにトランスが混ざった、バブル色の混ざったバブリー系トランスポップロックなんです。」

朝日「あ~。ふ~ん。」

朝日「ところでさ。自分らの中で言うとどのくらい人気あるの?あ、よくわからなかったから唐突に話題変えたからね(笑)」

一同  (爆笑)

朝日「売れてる子はここでピックアップしないのよ。ここで知ってもらわないといけないから。売れてない子、どのくらい頑張ってるかを売りにしたほうがいいから。どのくらい売れてるの?」

江夏  「去年の12月18日に渋谷TSUTAYA O-WESTワンマンやらせて頂いたんですけど、O-WESTワンマンって登竜門的存在じゃないですか。やっと入り口をあけたくらいの存在。そこで400人弱くらい入ったんですよ。」

朝日「凄いね!少なくとも400人くらいは知ってるってことだからね。」

江夏  「ありがたいですよね。」

朝日「ツイッターのフォロワーはどのくらいいるの?」

ネル  「ぜんぜん大したことないですよ。」

蕪木  「私4000です。」

江夏  「一番いるので4000。いちばんいない人は?」

ダンク  「たぶん僕。700くらい…」

ネル  「だいぶ格差あるんですよね。」

江夏  「僕リーダーで作詞作曲とか色々やってますけど1000くらいです。」

朝日「ジュリアナの祟りの公式はどのくらいなの?」

蕪木  「2000くらいですね。」

朝日「じゃあこの1ヶ月後にどのくらいになるか駿河屋さんの力の見せどころになるね。」

江夏  「そうですね」

一同  「ぜひぜひ」

対談風景

朝日「一番得意な曲のYoutubeの動画とか貼ってもらってさ。ちなみにジュリアナの祟り(以下、ジュリ祟)の一番いけてる歌は?」

江夏  「自分たちのメイン曲がありまして、『バブリー革命』という曲です。僕らのコンセプトであるバブルを再来させる、バブルを起こそうぜ!という歌ですね。」

朝日「バブル世代いないのに?」

江夏  「バブルと同時に生まれたくらいなんですよね。」

朝日「俺が王、長嶋だよねって言ってる感じ?」

江夏  「そうそう、そんな感じですね。両親からバブル世代の話を聞くじゃないですか。」

朝日「それやっぱ格好いいなって思うわけ?」

江夏  「そうですね。憧れは強いですね。」

朝日「みんな一万円札何枚も持ってタクシー捕まようとしたりね。バブルの時代がなんでいいなと思ったの?」

江夏  「めっちゃ楽しそうじゃないですか。その当時の映像とか見て。」

朝日「じゃあさ。その時代を象徴する人物ってだれ?」

ネル  「誰だろうなあ」

江夏  「象徴する人物?誰だろう…」

蕪木  「象徴する人物…」

ネル  「どなただろうなあ?」

朝日「岡本夏生とか。バブル、バブルって言ってる割にそういう話しろよ!(笑)」

江夏  「そうですね。あんまりそういう話は…」

ネル  「遡って考えたことあんまりなかったですね。」

朝日「それじゃあ、好きな映画は?」

ネル  「好きな映画っすか?」

一同  (沈黙)

朝日「2秒で『バブルでGO』ですって言えよ(笑)」

ネル  「それがあるわ!」

ダンク  「研究が足りないな。ぜんぜん。」

江夏  「洗濯機でいくやつね。Jリーグの開幕とかそのくらいの時期ですよね。」

朝日「バブルをもう一度って言ってる割に薄いな!」

江夏  「そうですね。僕の小さいころにJリーグが始まったりとか。」

朝日「青田典子とか岡本夏生の顔がはいったTシャツ着なよ。それで怒られて有名になれよ!(笑)」

江夏  「Jリーグの開幕は衝撃的でしたね。僕それからサッカーはじめたんですよ。チケットとか取れなくてやばかったじゃないですか。」

次のページへ » ジュリアナの祟りにはタタラーが欠かせない!

前のページ      1・2      次のページ

ジュリアナの祟り

プロフィール紹介

世界で唯一ビートたけしさんが自分のバンド以外に命名した バブリー系トランスpoprockバンド

《TV・ラジオ出演》
◎2015/03/12(木)
BSフジ 「たけしの等々力ベース」
◎2015/08/26(水)
MXテレビ「5時に夢中!」
追跡ベスト8のコーナーに出演
◎2016/09/10(土)
テレビ東京
「ほぼほぼ~真夜中のツギクルモノ探し~」

《CD》
2016/06/16(木)
バブリー革命~ばんばんバブル~
全国流通販売中

《DVD》
2017/3/24(金)
O-WESTワンマンRAVE 1st DVD販売中

《schedule》
25週連続主催&ワンマンRAVE
『風雲!バブル城』
毎週木曜日開催中!!

最終決戦
2017/09/23
ワンマンRAVE
新宿BLAZE
『バブリー革命~歌舞伎町編~』
開催決定!!

>Twitter ジュリアナの祟り
>Twitter 蕪木蓮
>Twitter 矢島銀太郎
>Twitter 江夏亜祐
>Twitter 佐川ネル秋吉
>Twitter 翌檜ダンク冬雪
>オフィシャルホームページ

限定動画配信中

ジュリアナの祟りインタビュー
(WEB short.ver)

ジュリアナの祟りインタビュー
(店内放送 long.ver)

フォトギャラリー

メンバー集合1

蕪木蓮1

江夏亜裕1

佐川ネル秋吉1

翌檜ダンク冬雪1

矢島銀太郎

駿河屋inジュリアナの祟り1

駿河屋inジュリアナの祟り2

駿河屋inジュリアナの祟り3

蕪木蓮2

蕪木蓮3

蕪木蓮4

江夏亜裕2

江夏亜裕3

江夏亜裕4

佐川ネル秋吉2

佐川ネル秋吉3

佐川ネル秋吉4

翌檜ダンク冬雪2

翌檜ダンク冬雪3

翌檜ダンク冬雪4

矢島銀太郎2

矢島銀太郎3

矢島銀太郎4

矢島銀太郎5

矢島銀太郎6

メンバー集合2

メンバー集合3

インタビュー風景

ジュリアナの祟りサイン風景

   
ページTOPへ