「薬屋のひとりごと」好評販売中!

大陸の中央に位置する、とある大国。その皇帝のおひざ元に一人の娘がいた。
名前は、猫猫(マオマオ)。
花街で薬師をやっていたが現在とある事情にて後宮で下働き中である。
そんな中、帝の御子たちが皆なぜか短命であることを知る。
今現在いる御子も病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。

あの痛快ミステリーが待望の文庫・コミカライズ化!
中世の東洋を舞台に「毒味役」の少女が宮中で起こる難事件を次々に解決する。

薬屋のひとりごと / 日向夏(ライトノベル)

薬屋のひとりごと/ねこクラゲ(コミック)


薬屋のひとりごと~猫猫の後宮謎解き手帳~ / 倉田三ノ路(コミック)

最近の投稿