「figma 多治見要蔵(八つ墓村)」予約開始!

「祟りじゃ~っ!八つ墓の祟りじゃ~っ!」

映画『八つ墓村』より、狂気に憑りつかれた先代当主「多治見要蔵」がfigmaになって登場!
表情は、狂気をたたえた「無表情顔」と、不気味な「ニヤリ顔」が付属。
「日本刀」と「猟銃」とあわせて映画の世界観を存分にお楽しみください!


★2020年4月下旬発売予定!
figma 多治見要蔵 「八つ墓村」







「祟りじゃ~っ!八つ墓の祟りじゃ~っ!」

横溝正史原作、野村芳太郎監督による1977年公開の劇場用作品『八つ墓村』より、
狂気に憑りつかれた多治見家先代当主、「多治見要蔵」を立体化。

スムーズ且つキチッと決まるfigmaオリジナル関節パーツで、劇中の様々なシーンを再現。
要所に軟質素材を使用し、プロポーションを崩さず可動域を確保。
表情は、狂気をたたえた「無表情顔」と、不気味な「ニヤリ顔」をご用意。
もちろん「日本刀」と「猟銃」が付属。
さまざまなシーンの再現を可能にする可動支柱付きのfigma専用台座が同梱。

■セット内容:フィギュア本体、ニヤリ顔、日本刀、猟銃、専用台座



figma 関連商品一覧

最近の投稿