マイナーゲーム機好きSのレゲー話 | 抱腹絶倒おもしろワープ!!ファミコン「ワープマン」(1985年)

最近、久々に買ったファミコンソフト「ワープマン」です!
名前だけは知っているがプレイしたことが無いという方は多いんじゃないでしょうか?
「バトルシティー」と並んでナムコの名作ゲームの中ではちょっと存在感薄めで、
最近発売されましたニンテンドースイッチのソフト「ナムコットコレクション」に収録されるまで移植は無かったかと思います。

1981年にアーケードゲームとして開発された「ワープ&ワープ」をリメイクしたもので、
単色だったグラフィックはカラフルにアレンジされ、パワーアップ要素も追加されています。
2人同時プレイもできるので意外に燃えるアクションゲームです。

スペースワールドでの攻撃はリニアガンでバンバン撃って敵を倒すというシンプルなシステム。
そこそこ連射できて敵の弾を相殺することもできるので爽快感があると思います。
中央にあるアンドロメダみたいなところがワープポイントで、
時々ワープできるようになり、入るとメイズワールドへとワープします。
ワープしなくても全ての敵を倒せばクリアとなるので必要性が無いと思えますが、
敵に囲まれたりした場合の形勢逆転を狙えるのでうまく利用すると良いです。

メイズワールドでは攻撃方法が変わり、時限爆弾で敵をたおしていくというほぼボンバーマンなシステム。
爆弾はボタンを長く押した分、爆発までの時間が長くなるのでそれをうまく活用するのがコツ。
もちろん爆風に当たってはいけないので逃げるのは必須です。

パワーアップアイテムはすぐに使えない仕様になっていて、
スペースワールドで出現するアイテムはメイズワールドで効果が出て
逆にメイズワールドで出現するアイテムはスペースワールドで効果が出ます。
メイズワールドでは爆弾が敵に吸い付く効果があって便利ですが、
スペースワールドではなんとリニアガンの玉が破裂するので爆風に巻き込まれないように距離を取る必要があります。

シンプルなゲームですが実は奥が深く、2人同時プレイも熱いということで再評価されてもいいかと思います。
ついでに元祖の「ワープ&ワープ」はMSXに移植されていますが、その他にもカシオが出してたゲーム機「PV-1000」や、「M5」というパソコンにも移植されていました。

ファミコン版は「箱説なし」が500円もしないので、互換機などお持ちの方はぜひ。
スイッチをお持ちの方は「ナムコットコレクション」でぜひプレイしてみて下さい!

 

【FC】ワープマン (箱説あり)

【FC】ワープマン(箱説なし)

【スイッチ】ナムコットコレクション

【PV-1000】ワープ&ワープ

最近の投稿