Hanazono Land of the free アーライ!『バンドリ!』花園たえの使用ギター『スナッパー』ってどんなん?

入学シーズンですね。
『けいおん!!』ブーム時はリアル世界の軽音部に見学者が殺到したとか?
バンドリ効果はどうでしょうか?

私がまだ学生だった頃は
「速弾きある程度できるようになった!、タッピングもそこそこ!よしバンドだ!」
そしてついに行動に出ようとした頃には時既に遅し。『ゆず』登場によるフォークブームが勃発。
みんなフォークギターしか持たなくなってしまい、
ドラムやベースやってた友人までフォークに転向してしまいましたとさ。
その頃のメンバーはMIDI音源MT-32&DTMソフトのミュージ郎です。

さて今回はジョン・サイクスもビックリ!
ミラーピックガードが光り輝く花園たえの使用ギター『ESP スナッパー』を見てみよう!
それでは今回もDVDのパケをチェック!

大村孝佳氏や、今は亡き藤岡幹大氏も愛用しているモデルですね。
ブリッジは遠目で普通のトレモロに見えますがESPオリジナルのFLICKER-Ⅲという高価なトレモロです。
FLICKER-Ⅲの仕組みを見るとあぁなるほど!
とチューニングが安定する理由が分かりますのでぜひ調べて見て下さい。
あとフロイドローズが搭載されたモデルも出ていますね。
格安モデルは2点支持式トレモロにナットはボーンなので悪くない仕様だと思います。
チューニングが安定しない場合はナットをグラフテックのTUSQ XLに交換してみると改善されるかもしれませんよ。

ピックアップは全部シングルかと思いきやリアはダンカンのSHR-1b Hot Rails。
トーンポットがスイッチ式になっており、ホットレイルをコイルタップするからシングル的な音にしてくれるはずです。
フロント、センターはSSL-6 Custom Flatと全体的に見てなかなか攻撃的な仕様ではないでしょうか?
格安モデルはリアがシングルコイルになっていますので同じようにしたい方は交換だ!
ついでにスイッチを増設してコイルタップできるように改造にチャレンジだ!

アンプは優等生なHughes & Kettnerですな。
私にはアレックス・ライフソン(RUSH)の音が想像しやすいです。
こんなん家で鳴らせないだろとツッコミたいあなた!モデルによっては10W以下で鳴らせますよ!

BOSSの多機能なステレオ・ディレイペダル『DD-20 GIGA DELAY』らしきものも描かれていますね。
このツイン・ペダルシリーズはコンパクトタイプとラックタイプの中間的な存在で、
価格がそこそこするのでちょっと避けられていたかなという印象がありますが使えば凄みが分かる逸品です。
現在は後続機的なモデルが出たためか販売が終了していますが、私はこちらのデザインのほうがBOSSらしくて好きでしたね。

ギターに戻りますが、ピックガードのミラーは保護シート剥がすと
「おわかりいただけただろうか」と言えるぐらいよく反射しますね。
弾いてみた動画は部屋中の物が映りまくりなので保護シートそのままにするか注意して撮影して下さい!
私は何かこの世の者ではない映ってはならぬものが映るのを楽しみにしています。

さて今回は花園たえモデルを調べ終えて私はグランド・ファンクを聴きたくなりました。
マーク・ファーナーのシルバーギターはミラーピックガードの上を行く全シルバーという仕様で、
ライブ映像ではキラッキラ輝きまくってました。
その時の映像を久々に見返したら偶然メル・サッチャーのベースがなんとブルーのボディとミラーピックガードでした!!(笑)
花園たえはメル・サッチャーの生まれ変わりか!?(まだ生きてます)


バンドリ!映像ソフト一覧
バンドリ!音楽ソフト一覧
バンドリ!フィギュア一覧
バンドリ!トレカ一覧
バンドリ!書籍一覧

最近の投稿