vol5. 埼玉アストライア |コラソンVERSUS |通販ショップの駿河屋

藤田俊哉

アパレル、劇団、スポーツイベント、音楽イベントと様々な分野で「楽しいこと」「面白いこと」を テーマに手掛けまくってる、めくるめくワンダーランド状態の「CORAZÓN」(コラソン)が 今!注目すべき各界の強豪たちと駿河屋と言う名のリングで熱いバトルを繰り広げる新プロジェクト!
その名もコラソンVERSUS(バーサス)!!!!
第5回目は、日本女子プロ野球チーム「埼玉アストライア」所属の前田桜茄選手・磯崎由加里選手にインタビューしてみた!

インタビュー:植田朝日(コラソン)

昨年は「ジャパンカップ」、「リーグ戦」共に優勝!

朝日 「はい、コラソンバーサスvol.5、ゲストにきていただいたのは埼玉アストライアのお二人です!自己紹介をよろしくお願いいたします!」

前田 「埼玉アストライア背番号2番の前田桜茄(まえだはるか)です。」

朝日 「よっ!前田ちゃん!知ってるよ!!今年移籍してきた沖縄っ子でしょ?」

前田 「はい!沖縄出身です!」

朝日 「しかも投げるのも打つのも珍しい・・・」

前田 「左投げ右打ちです。」

朝日 「左投げ右打ちって珍しいよね? 初めて聞いたもん。俺、逆なんだよね。右投げ左打ち。」

前田 「多いですよね。逆は何でいないんですかね?左投げ右打ち。」

前田桜茄
前田桜茄

朝日 「そりゃ、右利きで左バッターの方が一塁に近いとか利点がいっぱいあるからじゃないの?てか、野球に詳しくない人からしたら左投げ右打ちってなんだよ!?って感じだもん。」

前田 「そうですか? そこがちょっと疑問ですね。」

朝日 「この話長くなりそうなので、今度Yahoo知恵袋で聞いてみましょう!と言うことで…。はい!続いては?」

磯崎 「埼玉アストライア背番号11番磯崎由加里(いそざきゆかり)です。」

朝日 「いや~俺のイチ推しなんですよ。」

磯崎 「本当ですか?」

朝日 「もう完全にね。女子プロ野球の選手でサイン貰ったことがあるのは彼女だけ。」

磯崎 「いえ~い!!まだまだやね?」

前田 「まだまだや…(笑)」

磯崎 「最多勝とらなね。」

朝日 「そう最多勝!!こう言うのって恥ずかしいと思うけど、ご自分でどのぐらいの活躍したのか説明お願いします。」

磯崎由加里
磯崎由加里

磯崎 「え~どのくらい活躍しているか?去年ですか?…去年は11勝でそれが最多勝になったんですけど…。あとは勝率が良くて2回しか負けなかったので、最高勝率もいただきました。」

前田 「パチパチパチパチ(拍手)」

朝日 「凄い。しかもそれでチームも優勝したしね。」

磯崎 「はい、そうです。」

朝日 「だって横にいる

前田 さんは去年別のチームだったから優勝してないわけだからね。」

磯崎 「はい。去年は敵同士だったんで。」

前田 「はい、負けました(笑)」

磯崎 「ちなみに前田が去年所属していた京都フローラには、私は去年1回も負けなかったです!」

前田 「(苦笑)」

朝日 「前田ちょろかった?」

磯崎 「前田はまあまあでしたね、って言っておきます。」

前田 「打ってたのにな~…。」

磯崎 「本当のことを言うとちょいちょい打たれてたんですけど(笑)」

インタビュー風景

磯崎は女子ワールドカップでベストナイン及び大会MVPにも選出! 植田も磯崎ファン!?

朝日 「で、俺がなぜこの埼玉アストライアと言うチームを知ったかと言うと、去年、ニッポン放送のショウアップナイターファンクラブのプロデューサーみたいなのをやらせてもらっていた時に、埼玉アストライアを取材させてもらう機会があって。で、女子プロ野球を見にいくといつも磯崎さんが投げていたんだよね。俺3回くらい見に行った時全部投げてた。」

磯崎 「すごい確率ですね。」

朝日 「そうそう。で、俺はこの子のファンなんだ、って勝手に決めたの。」

磯崎 「試合を見てて『ファンなんだ』と?」

朝日 「そう、もうこの子を応援しようと決めたの。女子プロ野球に興味を持つきっかけにもなるかなって。」

前田 「え~凄い~。」

磯崎 「嬉しいです。」

朝日 「それでサイン貰って、俺の部屋には田尾安志、磯崎由加里、古田敦也って凄い並びで飾られているから(笑)」

磯崎 「えええ~大丈夫かなあ?」

朝日 「うちにクリスティアーノ・ロナウドとかハメス・ロドリゲスとかデル・ピエロとかサッカー選手の本人が着ていたユニフォームとか持っているのに、それは飾られてないのね?でも磯崎由加里のサインボールは飾られてるの(笑)」

磯崎 「え~!え~!ハメス・ロドリゲス好き~。」

前田 「ハメス・ロドリゲスやばい…。」

磯崎 「格好いい!」

朝日 「え、なに?女子プロ野球の選手もサッカー見たりとかするの?」

前田 「見ます見ます。」

磯崎 「見ますね~。」

朝日 「でも当然野球の方が好きでしょ?」

磯崎 「そうですね。やっぱり野球の方が好きですね。」

前田 「野球の方が…(笑)」

次のページへ » 女子プロ野球独特のルールや、女子ならではの盛り上げ方やイベントも魅力的!

前のページ      1・2      次のページ

埼玉アストライア

プロフィール紹介

埼玉県を拠点とする、2013年に創設された日本女子プロ野球機構(JWBL)に所属する野球チーム。
チーム名のアストライアとは「星の女神」を意味し、まぶしいほどの光が注がれるように、との願いが込められている。
全国女子チームがプロ・アマ世代を超えて日本一を争う女子硬式野球の日本最高峰の大会である女子野球ジャパンカップでは、2013年から4年連続準優勝という成績を収め、2017年についに優勝を勝ち取った。


>埼玉アストライア 公式ホームページ

フォトギャラリー

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

埼玉アストライア

   
バックナンバー

vol.01  永田 裕志

vol.02  佐々木 貴

vol.03  SpiceSeed(スパイスシード)

vol.04  藤田 俊哉

vol.05  埼玉アストライア(日本女子プロ野球チーム)

ページTOPへ