【買取】お邪魔者 日本語版 (Saboteur) | ボードゲーム | 通販ショップの駿河屋

あんしん買取

売りたい商品を検索し、売却カートへ入れてください

キーワード検索 
JANコード検索 
型番・ISBN検索 
お邪魔者 日本語版 (Saboteur)
イメージを拡大
※画像はサンプルです。
買取 ボードゲーム

お邪魔者 日本語版 (Saboteur)

買取価格500円
※在庫状況、更新のタイミング等により価格が変動する可能性がございます。

商品の詳細

JAN 4580215110030 管理番号 607507792 発売日 -
定価 1,500円 メーカー メビウスゲームズ 型番 -
パック数 1        

備考

■商品解説■
プレーヤーはドワーフの金鉱堀です。ただし、その中の何人かはお邪魔者です。ゲームのはじめにキャラクターカードが配られます。これにより誰かがお邪魔者になるのですが、誰だか互いには分かりません。
ゲームは、通路カードをスタート位置から配置して、奥の金鉱に届かせようとします。手番には通路カードを配置する代わりに、他のプレーヤーの手番を邪魔するカードをプレイすることもできます。邪魔をするカードがプレイされたプレーヤーは、それを取り除くカードがプレイできるまで、通路カードの配置ができません。そのほかすでに配置された通路カードを取り除くことのできるカードもあります。これは、必ずしも金鉱堀の邪魔とは限りません。行き止まりカードを取り除くこともできるのですから。
また、奥の金鉱カードのうち1枚は本当の金鉱ですが、残り2枚は偽物です。これらのカードのうち一枚をそっと見れるカードもあります。スタート位置から本物の金鉱まで通路が完成できたら、金鉱堀全員で出てきた金を山分けします。もちろん最後の通路を完成した人が一番有利に分けます。
もし、すべてのカードをプレイして、まだ通路が完成しなかった場合には「お邪魔者」の勝ちです。お邪魔者が金を獲得します。プレイ人数によっては、複数のお邪魔者がいます。誰が本当のお邪魔物かよく見分けないと、味方同士でプレイの邪魔をすることになります。お邪魔者もあまり露骨に邪魔をすると、通路カードがプレイできないようにされてしまうかもしれません。
互いに疑心暗鬼になるゲームです。また、金鉱堀も、できれば仲間を出し抜いて、自分が最後の部分を完成しようとします。これがまた、完成できない元になったりします。仲間を信じて協力して金を目指してください。
何ゲームか行って、最も多くの金を獲得したプレーヤーの勝ちです。

■ゲーム概略■
プレイ人数:6~10人(3人~5人可)
プレイ時間:30分
対象年齢:8歳以上
デザイナー:Frederic Moyersoen

<内容物>
通路カード 44枚
金カード 28枚
アクションカード 27枚
役割カード 11枚
日本語説明書 1部