サントラ / ウィズ | 中古 | 映画音楽(洋画) | 通販ショップの駿河屋

メニューへスキップ

中古 映画音楽(洋画)
サントラ / ウィズ

サントラ / ウィズ

申し訳ございません。品切れ中です。



この商品の買取価格 750円 >> 買取詳細ページへ

商品詳細

管理番号 222001281001 発売日 1997/11/21 定価 3,984円
メーカー ポリグラム(マー 型番 MVCM-38005    

曲目リスト

Disk.1
  • 1. メイン・タイトル(オーヴァーチュア,パート 1);ユニバーサル・ロゴ|ウィズ・タイトル|ホーム|自分を信じて|彼は魔法使い|イズ・ディズ・ホワット・フィーリング・ゲッツ?(ドロシーのテーマ)
  • 2. オーヴァーチュア(パート 2);ホーム|エムおばさん
  • 3. ザ・フィーリング・ザット・ウィ・ハヴ
  • 4. キャン・アイ・ゴー・オン?
  • 5. グリンダのテーマ
  • 6. 彼は魔法使い|ムンチキンスのマーチ
  • 7. スーン・アズ・アイ・ゲット・ホーム|ホーム
  • 8. ユー・キャント・ウィン
  • 9. イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード 1
  • 10. ホワット・ウッド・アイ・ドゥ・イフ・アイ・クッド・フィール?
  • 11. スライド・サム・オイル・トゥ・ミー|ナウ・ウォッチ・ミー・ダンス
  • 12. イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード 2
  • 13. (アイム・ア)ミーン・オール・ライオン
  • 14. イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード 3
  • 15. ポッピー・ガールズ
Disk.2
  • 1. ビー・ア・ライオン
  • 2. エンド・オブ・ザ・イエロー・ブリック・ロード
  • 3. エメラルド・シティ・シークェンス;グリーン|レッド|ゴールド
  • 4. ソー・ユー・ウォンテッド・トゥ・シー・ザ・ウィザード
  • 5. イズ・ディス・ホワット・フィーリング・ゲッツ?(ドロシーのテーマ)
  • 6. ドント・ノーバディ・ブリング・ミー・ノー・バッド・ニュース
  • 7. ア・ブランド・ニュー・デイ;リベレーション・アジタート|ア・ブランド・ニュー・デイ(エヴリバディ・リジョイス)パート1|リベレーション・バレー
  • 8. 自分を信じて;ドロシーズ・イントロ|自分を信じて
  • 9. ザ・グッド・ウィッチ・グリンダ
  • 10. ビリーヴ・イン・ユアセルフ(リプライズ)
  • 11. ホーム;ホーム|イズ・ディス・ホワット・フィーリング・ゲッツ?(ドロシーのテーマ)

備考

【曲目一覧】
[1](1)メイン・タイトル(オーヴァーチュア,パート1):ユニヴァーサル・ロゴ~ウィズ・タイトル~ホーム~自分を信じて~彼は魔法使い~イズ・ディス・ホワット・フィーリング・ゲッツ?(ドロシーのテーマ)(2)オーヴァーチュア(パート2):ホーム~エムおばさん(3)ザ・フィーリング・ザット・ウィ・ハヴ(4)キャン・アイ・ゴー・オン?(5)グリンダのテーマ(6)彼は魔法使い~ムンチキンスのマーチ(7)スーン・アズ・アイ・ゲット・ホーム/ホーム(8)ユー・キャント・ウィン(9)イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード1(10)ホワット・ウッド・アイ・ドゥ・イフ・アイ・グッド・フィール?(11)スライド・サム・オイル・トゥ・ミー~ナウ・ウォッチ・ミー・ダンス(12)イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード2(13)(アイム・ア)ミーン・オール・ライオン(14)イーズ・オン・ダウン・ザ・ロード3(15)ポッピー・ガールズ[2](1)ビー・ア・ライオン(2)エンド・オブ・ザ・イエロウ・ブリック・ロード(3)エメラルド・シティ・シークェンス:グリーン~レッド~ゴールド(4)ソー・ユー・ウォンテッド・トゥ・シー・ザ・ウィザード:ソー・ユー・ウォンテッド・トゥー・シー・ザ・ウィザード(5)イズ・ディス・ホワット・フィーリング・ゲッツ?(ドロシーのテーマ)(6)ドント・ノーバディ・ブリング・ミー・ンー・バッド・ニュース(7)ア・ブラン・ニュー・デイ:リベレーション・アジタート~ア・ブランド・ニュー・デイ(エヴリバディ・リジョイス)パート1~リベレーション・バレー(8)自分を信じて(ドロシー):ドロシーズ・イントロ~自分を信じて(9)ザ・グッド・ウィッチ・グリンダ(10)ビリーヴ・イン・ユアセルフ(リプライズ)(11)ホーム:ホーム~イズ・ディス・ホワット・フィーリング・ゲッツ?(ドロシーのテーマ)

【ジャンル】
サウンドトラック

【レーベル】
ユニバーサル

【枚数】
2 枚

【CD試聴記コメント】
ダイアナ・ロスがドロシー、マイケル・ジャクソンが案山子を演じた78年のミュージカルのサントラ。クインシー監修で、基本的に壮大なビッグ・バンド演奏だが、時代的に当時のフュージョン系売れっ子セッション・マンも多数参加。いと楽し。