1/150 E233系3000番台 高崎線・宇都宮線 2両増結セット [10-1151] | 新品 | Nゲージ(車両) | 通販ショップの駿河屋

メニューへスキップ

新品 Nゲージ(車両)
1/150 E233系3000番台 高崎線・宇都宮線 2両増結セット [10-1151]

1/150 E233系3000番台 高崎線・宇都宮線 2両増結セット [10-1151]

申し訳ございません。品切れ中です。



この商品の買取価格 1,300円 >> 買取詳細ページへ

商品詳細

管理番号 600008635000 発売日 2014/10/31 定価 3,348円
メーカー KATO(カトー) 型番 10-1151    

備考

商品解説■

【製品紹介】
平成27年(2015年)春の開業に向けて、工事が進む首都圏の新路線「東北縦貫線」。
愛称が「上野東京ライン」と発表され、従来は上野駅止まりだった高崎線・宇都宮線と、東京駅止まりだった東海道線の電車を、相互に直通運転するという計画です。
山手線の西側、池袋・新宿・渋谷を経由する「湘南新宿ライン」に次ぐ、新たな首都縦貫線としての期待を担っています。
上野東京ラインで運用を開始する準備段階として、高崎線・宇都宮線で運用されていた211系を置き換える目的で投入されたのがE233系3000番台です。
E233系は今ではすっかりお馴染みとなったJR東日本の通勤・近郊形電車で、平成18年(2006)に中央線に登場後、
首都圏各線で活躍、平成24年(2012)には高崎線用の3000番台が営業運転を開始しました。
高崎線・宇都宮線で現在運用中の3000番台は、編成中間の6号車にトイレ関連設備が設置されたスタイルで、上野東京ラインの開業を見据え活躍しています。

【製品特長説明】
・上野東京ライン用、211系置換用に増備されたE233系3000番台。高崎車両センター所属のL13+D13編成をプロトタイプに製品化
・JR東日本・新津車両製作所製の車体特徴を的確に再現し、屋根上のビードの違いを表現(グリーン車を除く)
・中間連結部には、ボディマウント式KATOカプラー密連形を標準装備。実感的な連結面とスムーズな走行を実現
・収納は2両紙箱

【E233系3000番台 高崎線・宇都宮線 編成】
←上野 高崎・宇都宮→
○クハE232(3029)+○モハE232(3429)+○モハE233(3029)+○サロE232(3029)+○サロE233(3029)+○モハE232(3829)+●モハE233(3429)+●モハE232(3029)
+○モハE233(3229)(M)+○クハE233(3029)+△クハE232(3529)+△モハE232(3629)+△モハE233(3629)(M)+△サハE233(3629)+△クハE233(3529)
※3号車(モハE233-3029)・13号車(モハE233-3629)の高崎・宇都宮寄パンタグラフは、通常使用しません。
※○は8両基本セット(10-1150)、●は2両増結セット(10-1151)、△は5両セット(10-152)です。

◆商品詳細
スケール:1/150 9mm(Nゲージ)
商品形態:塗装済完成品
車体の材質:プラスティック
モーター:なし
オプション:11-204(11-206)新室内灯、11-211(11-212)LED室内灯クリア、11-213(11-214)LED室内灯クリア 電球色
※本商品に動力ユニットは含まれません。予めご了承ください。