1/350 日本重巡洋艦 筑摩 「艦船シリーズ No.27」 ディスプレイモデル [78027] | 予約 | プラモデル | 通販ショップの駿河屋

メニューへスキップ

プラモデル
1/350 日本重巡洋艦 筑摩 「艦船シリーズ No.27」 ディスプレイモデル [78027]

1/350 日本重巡洋艦 筑摩 「艦船シリーズ No.27」 ディスプレイモデル [78027]
7,500円 (税込)

在庫数:1

この商品は駿河屋新宿マルイアネックス店にも在庫がございます。
※店頭にて既に品切れの場合がございます。予めご了承ください。

商品詳細

管理番号 603021060 発売日 2012/06/23 定価 11,880円
メーカー タミヤ 型番 78027    

備考

商品解説■日本海軍最後の重巡洋艦「筑摩」竣工時のシンプルで精悍な姿を忠実に再現。

砲戦能力と索敵能力の両立を目指して建造されたといわれる日本海軍の「利根」型重巡洋艦。
その2番艦が「筑摩」です。
日本海軍最後の重巡洋艦として太平洋戦争が勃発する直前の昭和14年5月に竣工。
主砲の20.3cm連装砲4基をすべて艦前部に集中配置し、後部には水上偵察機を最大6機搭載できる設備を持つという、
当時としては画期的なレイアウトが特徴でした。
優れた索敵能力と機動性が着目されて空母機動部隊に編入。
昭和16年12月の真珠湾攻撃では、「筑摩」の搭載水偵が攻撃隊に先行して真珠湾を詳細に偵察、作戦を成功に導きました。
それに続くミットウェー海戦やマリアナ沖海戦などでも艦隊の眼として奮戦。
そして昭和19年10月のレイテ沖海戦では、栗田艦隊の先鋒としてアメリカ護衛空母ガンビア・ベイの撃沈に貢献したものの、
追撃作戦中に米戦艦機の雷撃を受けてサマール島沖で失われました。

★全長576mm
★機能美の集大成といわれる精悍な姿を竣工時の仕様でモデル化
★船体はフルハルとウォーターラインを選んで組み立てられます。
★主砲塔はパネルラインに加え、放熱スリットまで繊細なモールドで表現。砲身は通常時と発射時を選べます。
★艦載機として九五式水上偵察機と九四式二号水上偵察機をセット

商品情報の訂正 このページに記載された商品情報に記載漏れ、誤りなどお気づきのお客様はフォームに記入していただきますとありがたいです。
訂正依頼フォーム