close

辛いだけでいいのか (Scharfe Schoten) [日本語訳付き] | 予約 | ボードゲーム | 通販ショップの駿河屋

メニューへスキップ

ボードゲーム
辛いだけでいいのか (Scharfe Schoten) [日本語訳付き]

辛いだけでいいのか (Scharfe Schoten) [日本語訳付き]

申し訳ございません。品切れ中です。


この商品の買取価格  1,100円 >> 買取詳細ページへ

商品詳細

管理番号 607501440 発売日 2014/07/25 定価 2,300円
メーカー メビウスゲームズ/Zoch 型番 601105058    

備考

商品解説■日本語訳付き

辛いカードのトリックテイキングです。カードは赤(トウガラシ)、緑(わさび)、黄(カラシ)、黒(胡椒)の4つのスートがあり、カード裏面からはスートが分かるようになっています。
各プレーヤーに規定枚数配った後、残ったカードは裏向きにして色ごとに分けて置いておきます。これらのカードはトリックを取ったプレーヤーが1枚ずつ獲得できます。
そのほかに4枚のカラーカードを並べその上に数字カードを置きます。そして数字カードごと並べ直します。大きな数字カードが置かれたカードほど強いスートとなります。
また、色と上に置かれた数字のカードの組み合わせはスーパートランプとなり、最強のカードになります。
この後、各プレーヤーは自分がトリックで獲得するカードの色が最も多いものと少ないものを予想してタイルで一斉に示します。

カードプレイはマストフォローのトリックテイキングです。
すべてのカードをプレイしてゲームが終わったらとったトリックのカードをそれぞれチェックします。他のプレーヤーが取ったカード枚数は関係ありません。
自分が取ったカード枚数を色ごとに比べ、予想通り一番多かったら5ポイント得られます。ただ、同数タイで最も多い場合は3ポイントです。
最も少ないと予想したものも同様にポイントが与えられます。予想が外れた場合は0ポイントです。
最も多いと少ないの両方が当たっている場合には、ボーナスポイントとして、最も多いカード枚数から少ないカード枚数を引いた分の得点が得られます。
どうやってトリックを取るかというより、どのカードが出ているときにトリックを取るかが求められるゲームです。

■ゲーム概略■
プレイ人数:3~4人
プレイ時間:約30分
対象年齢:10歳以上
デザイナー:Arve D. Fuehler

<内容物>
予想タイル 16枚(4色各4個)
ゲームカード 64枚
・スパイスカード 48枚(4色各12枚)
・数字カード 12枚
・色カード 4枚
取扱説明書(原文/日本語) 各1部

商品情報の訂正 このページに記載された商品情報に記載漏れ、誤りなどお気づきのお客様はフォームに記入していただきますとありがたいです。
訂正依頼フォーム