ドラゴンイヤー (Im Jahr des Drachen) [日本語訳付き] | 中古 | ボードゲーム | 通販ショップの駿河屋

メニューへスキップ

中古 ボードゲーム
ドラゴンイヤー (Im Jahr des Drachen) [日本語訳付き]

ドラゴンイヤー (Im Jahr des Drachen) [日本語訳付き]

中古販売価格3,780円 (税込)



この商品は駿河屋秋葉原トレカ・ボードゲーム館にも在庫がございます。
※通販と店舗では販売価格や税表示が異なる場合がございます。
また店頭ではすでに品切れの場合もございます、予めご了承ください。

この商品の買取価格 2,100円 >> 買取詳細ページへ

商品詳細

管理番号 607510053001 発売日 - 定価 -
メーカー メビウスゲームズ/Alea 型番 -    

備考

商品解説■日本語訳付き

中国ではドラゴンイヤー(辰年)には災いが多いといわれているそうです。その12カ月を乗り越えながら自分の宮殿を栄えさせるゲームです。
各プレーヤーは、いくつかの宮殿を持っており、そこにいろいろな能力を持った人を雇い入れています。また、この12カ月に起こる災いは、そのタイミングと順序がゲーム開始前にタイルで示されます。
それらの災いを乗り切るために、適切なタイミングで、人材確保が必要となります。
雇い入れる人材にはそれぞれ、手番ポイントが書かれており、自分の宮殿に雇い入れるたびに、このポイントが増えます。この手番ポイントが大きいプレーヤーから順に手番が行えます。
ゲームを開始する前に、よく混ぜたイベントタイルを表にして順番に並べます。これがこのゲームで起こるイベント(災い)の順番となります。
また各プレーヤーは二階建ての宮殿2軒を持ち、そこに人材を選んで二人雇い入れます。このときも雇入れた人材により、手番ポイントマーカーを進めます。

ゲームは12ラウンド(12カ月)に渡って行われます。各ラウンドは4つのフェイズからできています。

第1フェイズは、アクションフェイズです。アクションカード7枚を裏にして、プレイ人数と同じグループに分けます。それぞれのグループに含まれるカードの数は同じにはなりませんが、できるだけ均等に近く分けます。そして、手番ポイントの高いプレーヤーから順にアクションを選んで行います。
あとのプレーヤーも同じグループのアクションを選ぶこともできますし、同じアクションを選んでプレイすることもできますが、既に選ばれているグループのアクションを行う場合には、コストがかかります。選ばれていないグループのアクションは無償でできます。

・お金のアクションを選べば収入があります。この時自分の宮殿に税収吏がいれば追加で収入があります。
・建設のアクションを選べば宮殿の増築や新築ができます。このとき、自分の宮殿に大工がいれば追加で宮殿を大きくできます。
・収穫のアクションを選べば、米のチップを獲得できます。このとき、自分の宮殿に百姓がいれば追加で米チップを獲得できます。
・鉄兜のアクションを選べば、手番ポイントを進めることができます。この時自分の宮殿に兵士がいれば追加で手番ポイントを進めることができます。
・本のアクションを選べば、得点を得ることができます。この時自分の宮殿に学者がいれば追加で得点することができます。
・花火のアクションを選べば花火のチップを獲得することができます。この時自分の宮殿に花火師がいれば、追加で花火のチップを獲得できます。
・ドラゴンタイルのアクションを選べば、ドラゴンタイルを買うことができます。ドラゴンタイルを持っていれば、ラウンドごとに追加で得点することができます。

第2フェイズは、雇用です。手札から対応するカードをプレイして、自分の宮殿にひとり雇い入れます。このとき、手番ポイントが増えます。
第3フェイズは、イベントです。最初の2カ月は「平和」で何も起こりませんが、これ以降は何らかのイベントがあります。

・王への貢では、お金を支払う必要があります。不足する場合にはその分の人物が自分の宮殿を去ります。
・飢餓では、お米チップを消費します。不足する場合は、その分の人物が死にます。
・疫病では、とりあえず各プレーヤーの宮殿の人物3人が死にます。ただし、医者がいる場合にはその数と能力により助かります。
・蒙古の襲来では、自分の宮殿にいる兵士により、得点を得ます。そして、兵士が一番少ないプレーヤーの宮殿からひとり去ります。
・祭りでは、花火チップの数により得点が入ります。

第4フェイズは、得点です。自分の宮殿の数、宮殿にいる踊り子の数、ドラゴンタイルの数により得点します。

12ラウンド終了後には、さらに最終の得点計算があります。自分の宮殿に残っている人物の数、自分の宮殿にいる僧侶による得点、そのほか残金でも得点が入ります。
それぞれの災いに対して、ある程度備えないと、宮殿内の人物がどんどん減ってしまいます。
どの人物をどのタイミングで雇い入れるか、どのアクションを選択するかが面白いところです。
手番が遅くなると希望するアクションを選択するために資金が必要です。しかし、能力の高い人物ほど、手番ポイントが小さく設定されています。
じっくり楽しめるゲームです。

■ゲーム概略■
プレイ人数:2~5人
プレイ時間:75~100分
対象年齢:12歳以上
デザイナー:Stefan Feld

<内容物>
ゲームボード 1枚
人物カード 55枚
人物タイル 90枚
宮殿タイル 66枚
お金 36枚
米チップ 24枚
花火チップ 12枚
イベントタイル 12枚
特権タイル 8枚
アクションタイル 7枚
ドラゴン 5体
得点マーカー(八角柱) 5個
手番ポイントマーカー(円柱) 5個
取扱説明書(原文/日本語) 各1部