ゲームジャーナル14号 信長包囲戦 | 中古 | シミュレーションゲーム | 通販ショップの駿河屋

メニューへスキップ

中古 シミュレーションゲーム
ゲームジャーナル14号 信長包囲戦

ゲームジャーナル14号 信長包囲戦

申し訳ございません。品切れ中です。



この商品の買取価格 6,000円 >> 買取詳細ページへ

商品詳細

管理番号 607514961001 発売日 2005/03/01 定価 3,888円
メーカー シミュレーションジャーナル 型番 -    

備考

商品解説■
【信長包囲戦】
名作「信長最大の危機」のカードドリブン版が登場!!
基本システムはカードドリブン・システムで、両プレーヤーが交互にカードをプレーしてアクションかイベントを実施する。
入手できるカードの枚数は各プレーヤーが支配している補給拠点の数により、織田方プレーヤーは支配領域の拡大により、
反織田プレーヤーは武田、上杉、毛利などの大勢力の参戦により、傘下の領域を広げて戦闘の規模が拡大していく。
戦闘は「6でなサイ」システムで、戦闘能力は一般に反織田方の武将の方が高く、戦闘能力の最高は上杉謙信の5!(6以外命中!)
しかし織田方も、強力なイベントカードで巻き返すことが可能である。
カードデッキは織田方プレーヤーと反織田プレーヤー用に分かれており、織田方プレーヤーに強力なカードが多いことにより、政戦略における織田方の優勢を表している。
プレーアビリティは非常に高く、ゲーム時間も早ければ1~2時間程度で終了する。
ルールは非常に簡単であり、プレイ中にルールを読み返す必要はほとんどないだろう。
しかし交互のカードプレイ、パスやイベントを使用するタイミングなど緻密な駆け引きが必要とされ、ルールは極限まで簡潔でありながら作戦の選択肢は広い。
シンプルなシステムで奥が深い新感覚の逸品!!

【源平盛衰記~血戦源義径~】
ソンシー浅野氏提唱の「カウンター数30個以内で、30分でプレーできる」という、「30シリーズ」の第一作が早くも登場!
デザイナーは「太平記」の中嶋真氏。
ゲームは、富士川合戦の直前の時期から始まり、壇ノ浦の合戦がおこなわれた文治元年に終了する。
システムはすっかり定着した感のある「太平記」システムを採用。
特徴的なルールとしては、「京」(=畿内エリア)を支配したプレーヤーに自動的に味方する後白河法王ユニット、
源氏にも平家にもどちらにも寝返りうる「木曾義仲」ユニット、そしてなんといっても本年の大河ドラマの主役である、
「源義経」ユニットは「騎兵移動」の特殊能力を持ち、毎回最大2回移動が可能である!
その他、源頼朝、平家の公達、奥州藤原氏など、源平合戦を彩るオールキャストが総登場。
源氏の諸将が坂東武者数万余騎を率いて馳せ参ずると、平家は西国兵士数万余騎を率いて迎え撃つ。
日の本を制するのは、源氏か?平家か!?

■ゲーム概略■
【信長包囲戦】
プレイ人数:2人
ゲームデザイン:池田康隆

【源平盛衰記~血戦源義径~
プレイ人数:2人
ゲームデザイン:中嶋真

<内容物>
ユニットコマ 200個以上
カード 24枚
B2サイズマップ 1枚
A3サイズマップ 1枚
取扱説明書 2冊