ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス (ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス )
オーストリア・ウィーンを拠点する古楽器オーケストラ。1953年にチェリスト/指揮者のニコラウス・アーノンクールとその妻アリスを中心としたウィーン交響楽団のメンバーによって設立。57年にコンサートを初公開。当初はルネサンスおよびバロック音楽を主としていたが、66年のバッハ「ブランデンブルク協奏曲」全曲演奏によって名声を確立。その後も次第にレパートリーを拡大し、ハイドンやモーツァルトの交響曲にも取り組むほか、アルノルト・シェーンベルク合唱団とも共演。堅実な演奏で知られ、今日の古楽運動のトップに君臨。モンテヴェルディのオペラやバッハのカンタータ全曲集、モーツァルトの初期交響曲集や宗教作品全集などの録音が著名。
該当件数:2件中 1-2件
  • アダルト: 表示 | 非表示 | のみ
  • 品切れ: ON | OFF
  • 並べ替え:
  • リスト表示
  • ウィンドウショッピング表示
表示方法: マケプレ優先 | 駿河屋優先

中古:¥1,680  税込

定価:¥3,520

クラシックCD | 新入荷

アーノンクール(ニコラウス) / バッハ:音楽の捧げ物

ワーナーミュージック・ジャパン

発売日:2002/01/23

中古:¥300  税込

定価:¥1,100