まぼろし~!メガドライブ版「マッドストーカー」復活!

今もしかしたらベルトスクロールアクションが熱くなってきているかもしれない!
スイッチ、PS4、XBOX、PCで配信開始されたメガドラで人気だったシリーズの最新作
「ベア・ナックル4」がスマッシュヒットし、それに続くという訳ではありませんが、
なんと今から26年前に開発・発売が中止になった幻のメガドライブソフト
「マッドストーカー」が9月17日(木)ついに復活しました!

マッドストーカー FULLMETALFOR TH (MD/MD互換機用)

知名度が低いため隠れた名作として語り継がれてきた
格闘ゲームのようなベルトスクロールアクションゲームが今、再評価を得る時が来たかもしれません。

初出は当時高性能だったホビーパソコン「X68000」で、
発売元はファミリーソフトで開発はギャル格闘ゲーム「あすか120%」で知られるフィルインカフェ。
X68000と同時にメガドラ版も開発が進んでいたらしいですが、諸事情によりお蔵入りとなってしまいました。

PCエンジン版で知った方は多いかと思いますが、こちらはアーケードカード専用のCD-ROMということで
高価なハードとアーケードカードを購入する必要がありました。
これもまた知る人ぞ知るソフトでしたね。
他にもFM TOWNS、プレイステーション、プロジェクトEGG(X68000版)でも発売されました。

その後、(株)オペラハウスがファミリーソフトから版権を取得したとのことでメガドラ版が再び動き出し、
当時のプログラマーの一人、今泉正稔氏が監修し、レトロゲーム復刻で活躍している「たけがみりう氏」他
現スタッフによる開発でついに世に出ることになりました。
発売は互換機や新作レトロゲー販売でお馴染みのコロンバスサークルさんです。

BGM・SEは拘ったとのことで響きが素晴らしいです。
大音量でプレイすれば重厚なサイバーパンクBGMに迫力が出て気持ちがいい。
オプション画面のサウンドテストでじっくりそのハイクオリティを味わって頂きたい。
SEは外部から取り込んだ音を使用しているかと思われるのでこれも良いです。

グラフィックやサウンドもいいのですが、このゲームはやっぱりアクションゲームとしてのクオリティが素晴らしいです。
格ゲー要素がたっぷり入っているのでなかなか手が忙しい。
通常攻撃は大攻撃・小攻撃あるので使い分けはかなり重要で、小攻撃に弱い敵もいたりします。
キー+ボタンによる必殺技は「ジョイメカファイト」並みにシンプルな入力ではありますが、
格ゲー同様に出した後はスキができるので乱発は禁物。
投げ技もあれば空中投げ、2段ジャンプ、防御まで備わってるのでこれはもう格ゲーでも正解でしょう。
ボス戦がけっこうコンテニューしまくるので難易度はそこそこ高いと思うのですが、
この弱点探しの攻略がなかなか楽しいと思います。

対戦もちゃんと備わっており、他のキャラもコマンドはシンプルなので初心者でもすぐに対戦を楽しめます。
相手がいなくてもコンピュータ対戦もできますし、これはボス戦の攻略に使えるかもしれません。

これぞ隠れた名作ソフトといえる出来ですので当時発売されていたら今頃プレミア価格になっていたでしょう。
当時は格闘ゲームが凄まじい勢いで発展していった時期で、ベルトスクロールアクションは時代遅れになりつつありましたし、
シンプル過ぎる格闘ゲームはまったく話題になりませんでした。
そんな中で「マッドストーカー」を売るのはなかなか厳しかったでしょう。
再評価できる今だからこそ「マッドストーカー」の復活は非常にグッドタイミングかと思います。
数量限定なので今のうちにゲットしておきましょう!

【新品】マッドストーカー FULLMETALFORTH (MD/MD互換機用)
 

【PCエンジン】マッドストーカー(アーケードカード専用)

【PS】マッドストーカー

最近の投稿